スポンサーリンク

彼女の手料理で言ってはいけない褒め言葉6選

彼女の手料理の間違った褒め方

ど~も、JKです!

皆さんは、
彼女や好きな女子に
手料理を作ってもらったことありますか?

食べた感想を
どんなことを言ったらいいんだろう?と、
悩んだ経験ありませんか?

また、
よかれと思って言った言葉で、
ムッとされた経験ありませんか?

何て言うのが正解なの?

何を言ったら機嫌損ねる?と、
料理を食べるだけで
こんなに何で悩むだぁ~。と、
いうことで、
今回は、
彼女の手料理を食べて言ってはならない感想を
ご紹介していきます。

彼女が思う理想の褒め方

まずは、
女子達は、どんなことを言って欲しいのか?

①『いただきます』『ごちそうさま』を言う

これは、
最低限度のマナーです。

②お替わりして食べてくれる

彼のために一生懸命作って、
口に合うか心配していたら、
お替わりまでしてくらたら作りがいがあります。

③美味しい!と、褒めて欲しい

これは、作った側からしたら
一番嬉しい言葉。

美味しくなくても言って欲しいようです。

④正直に言う

好みでないなら、
オブラートに包みながら正直に感想を言って欲しい

彼の好みに合わせたいので、
次の作るための参考にしたいので、
ちゃんと言って欲しいようです。

⑤一緒に手伝う

手伝おうか?と、
一緒に手伝ってくれる

手慣れてるなはらば、
自分のペースがあるので
手伝いは必要ない場合もありますが、
慣れない時などは、
一緒に作るのは嬉しいようです。

あとは、
作るとなったら好きな物やどんな物が食べたいかを
リクエストしてくれると、
作りやすいそうなので、
〇〇作って欲しいな!』と、
お願いしてみては?

彼女の手料理で言ったらいけない褒め方

①一言余計な美味しい!

美味しい』は、
女子からしても嬉しい言葉です。

しかし、
意外と美味しい!』『普通に美味しい!の、
余計な一言にムッとされます。

余計な一言にムッとされます。

何意外って?・普通って?どういう意味?と、
思われます。

美味しいなら一言美味しい!でいいんです。

②盛り付けを褒める

出来たよ!と言われて
盛り付けについて感想はいいですが、
食べ始めているのに、
味の感想ではなく、
見た目を褒めるのは、ムッとさせます。

味の感想は?と、
一番重要でしょ!と、思っています。

③栄養バランスなどを褒めたつもりが

栄養バランスなどを考えてくれたと思い
体に良さそう』『素材の味が生かされてる』と、
いうのは、
一見良いじゃんと、思いますが、
褒める所がないから?
地味って言われてるみたい。
味が薄いの?と、思われます。

普段野菜食べないから、
野菜が沢山あるのは、嬉しい!』とか、
言うのが良いです。

④頑張って作ってくれたことを褒めたつもりが

頑張って作ってくれたことに対して、
随分時間掛けて作ってくれたんだね』は、
嫌み?遅くて悪かったね。と、
思われます。

沢山作ってくれたのなら、
沢山作ってくれたんだ!
大変だったでしょ?ありがとう!』が、
良いでしょう。

⑤オーバーな褒め方

よく美味しいと、
こんな美味しいの生まれて初めて食べた!』と、
最大級の褒め言葉を言ったつもりでしょうが、
逆に嘘くさい。

普通に、
美味しい!』の方がいい。

⑥他人の味と比べる

これこないだ2人で店で食べたのより上手いよ!』は、
嬉しい褒め言葉。

しかし、
元カノより上手い』や
お母さんなどの料理と比べて褒めるのは、
絶対にダメです。

お母さんの何て比べたら、
マザコン?と、思われます。

お母さんが料理をしない人で、
こういう家庭的なの夢だった!』と、
親が作ってくれなかったまたいならいいですが、
そのくらいの理由があるならいいですけどね!

いかがでしたか?

何気ない一言ですが、
言われてみたらそうとらえられなくないか?と、
思えませんでしたか?

余り余計な気を利かせて一言言うより、
素直に『美味しい!』と、
モリモリ食べることが一番なんでしょうね!